So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

地震予知の真実!前兆はデマ

地震予知ってどうなの?


地震予知って、どんなことを想像しますか?

人類の歴史上、天変地異や災いを予知することは
数千年にわたって、試みられてきたことです。

今回は、地震予知について深堀してみます。

ネットでいろいろ検索していると、
いろんな地震予知に関する情報が、出てきて
調べながら、笑っちゃいました。

地震雲.jpg

地震予知掲示板」「地震雲掲示板」と検索
してみるといいですよ。

あまり生産的な時間の使い方とは思いませんが。


あたるも八卦(はっけ)
あたらぬも八卦(はっけ)

という言うようなのが現実なのではないですかね。


あ、ちなみに・・・
私も100%当たる占いできますよ笑
「明日、日本のどこかで誰かが必ず死にます」

それを言っちゃあおしまいよ!ということなので
もう少しまじめに進めて生きましょう!^^


まず、地震学会では、地震予知を便宜的に
短期予知」と「長期予知」に分類しています。


確率的推定の長期予知


大地震に関しては、毎回ほぼ同じ領域が震源域
となる固有地震説をもとに考えられています。

いわゆるプレートテクトニクスというものです。

そういえば、東日本大震災も過去に大地震と
大津波を経験した地域でした。

日本地震学会も、「長期予知」については
高い精度で推定できるとしています。

よく、
「何十年以内に○○%の確率で東海・東南海で
地震がおきる」と放送されるあれですね。


短期予知は、できない?


短期予知とは、ちょうど天気予報の考え方です。

「台風○号は、中心気圧が930ヘクトパスカル、
中心最大風速は30メートルで、○時ごろに
九州北部を通過予定・・・」というようなのです。

もし、これが地震予報でもできるならば、
被害の未然に防げるのだけど・・・

科学的な根拠を提示して行うことは、
少なくても、現時点では無理のようです。


過去、世界各国で様々な地震予知がなされ
発表されてきましたが、まぐれあたりだったり
再度予知には失敗しているようです。

なまず.png

誰もが、耳にしたことのある地震予知について
その真実を2,3挙げましょう。

1.地震前に異常な音を聞いたという記録。


大正関東地震(大正12年(1923年)9月1日11時58分32秒)や
1933年の昭和三陸地震では、
大砲の砲撃音のような音や地鳴りや風声
を聞いたという証言があります。


2.生物の行動変化はどうか?


俗に「地震前にナマズが暴れる」
「動物などが奇妙な行動を取る」
といった言い習わしがあります。

実際に、阪神大震災の直前には、
大阪大学の研究室のねずみの異常行動
記録されています。

これらも、
科学的に仮説を立てることはできますが、
地震予知の、根拠や方法などとして
実際に役立つレベルかどうかは、
別問題とされています。


3.地震雲は真っ赤なうそ!


地震雲は岩盤の崩壊により電磁波が発生して
雲を作るとされています。

がしかし、くもの形と地震発生の関係は
まったく不明です。
雲のほとんどが、気象状況により発生の
メカニズムが証明できるので、否定的見解が
多数派です。

気象庁地震予知情報課も「占いと同レベル」
いっています。


結論は、
地震予知のいわゆる短期予知は、
現時点ではできていません

生物の行動変化は、仮説の域であり、
地震雲に至っては、完全なデマと
言えるでしょう。


ちなみに
地震の前触れとリュウグウノツカイについて
こちらのブログにも紹介されていました。

リュウグウノツカイは地震の前触れはデマ?


スポンサードリンク
 
nice!(2)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

ブログランキングに参加しています。
いつも、ぽっちと応援ありがとうございます。

ニュース ブログランキングへ
Copyright © 気になる話題を3分で斜め読み All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。